消防設備点検

Firefighting equipment inspection

消防用設備は、万が一火災が発生してしまった際、建物内の人々に火災を知らせ、消火し、避難の助けとなるために設置されています。 被害を最小限にするためにも、定期的に点検し正常に機能するよう努めなければなりません。タケシン防災は消防設備の点検・維持管理を承ります。

消防設備点検は重要な点検です

消防用設備(消火器や自動火災報知設備など)は、定期的に(年2回)点検し、その結果を消防機関に報告するよう義務付けられています。 タケシン防災では、有資格者による点検、工事、消防機関への届け出を行い、皆様の安全で安心な環境づくりをサポートいたします。

あらゆる消防設備の点検と改修工事に対応いたします

経験豊富なスタッフが消防法に沿って、ビル・マンション・倉庫・駐車場・新築はもちろん、用途変更による改修工事も承ります。 オーナー様にかわりまして、消防機関との打ち合わせも代行いたします。

消防設備点検の流れ

住居として使用される一戸建て以外の建築物は、その所有者が消防設備の設置及び維持管理を行う必要があります。 タケシン防災では有資格者が消防法に沿って、消防設備の点検を行います。

1.お問い合わせ・事前調査

消防設備点検をご検討のお客様はお気軽にお問い合わせください。 まず設置されている消防設備の事前調査を行い、御見積もりをさせていただきます。

2.打ち合わせ

点検の手順や日程など、物件ごとに打合せを行います。 入居者様へのお知らせ等、配布物や張り紙が必要であれば準備いたします。

3.点検・改修

消防設備点検資格者及び消防設備士による点検を行います。 点検済の設備には点検済証(ラベル)を貼付いたします。 不良個所が見つかった場合は、改修のご提案をさせていただきます。

4.点検結果報告

点検結果に基づき、点検結果報告書を作成し、ご捺印いただきましたら所轄消防署への届出となります。

消防用設備等点検済表示制度とは

各都道府県の消防設備協会が実施している全国統一の制度のことで、表示登録会員は様々な要件を満たし、登録をされた事業所です。

【登録要件】

  • 消防設備士または消防設備点検資格者を有している。
  • 適正な点検を実施できる点検機器、工具を保有している。
  • 点検中、点検後に発生した事故により、人的・物的損害を与えた時に賠償される損害賠償保険に加入している。

消防設備点検事例

連結送水管設備 耐圧試験実施

本日は連結送水管設備の耐圧試験を実施いたしました。 写真は試験を行っている様子です。

2019年11月27日

東大阪市内 消防設備点検

本日は、東大阪市にて消防設備点検を実施させていただきました。 設備は、消火器具・自動火災報知設備・避...

2019年10月29日

大阪市内 消防設備点検

先日は、大阪市内某所にて消防設備点検を行いました 消火器具や自動火災報知設備、屋内消火栓設備など各設...

2019年10月2日

鶴見区にて 消防設備点検

先日は、鶴見区の倉庫にて消防設備点検をさせていただきました 写真は自動火災報知設備の点検中の様子です...

2019年9月25日

消防設備点検による断線調査

本日は消防設備点検のお客様より、断線調査改修の御依頼が有り作業させて頂きました。 入居者様へチラシを...

2019年4月25日

お問い合わせ

CONTACT

ビル・マンション・民泊・シェアハウス・ご家庭等
消防・防災設備のことなら、何でもお気軽にお問合せください。
Copyright © タケシン防災 All Rights Reserved.
Translate »