防火対象物・防災管理点検

Fire prevention and disaster prevention management

消防法令においては、火災予防の主たる対象を「防火対象物」としており、身の回りの建築物はほぼ全てが対象となっています。 タケシン防災では、ビル、福祉施設、ホテル、旅館、病院、複合施設など幅広い分野の防火対象物の点検を行っております。

防火対象物点検について

防火対象物点検とは、平成15年からスタートした「防火対象物定期点検制度」により行われる点検です。多数の人が出入りする一定の防火対象物について、所有者等が火災予防のために、防火対象物点検資格者による定期点検を行い、その結果を消防庁または消防署長に報告することを義務付けた制度です。

  • 防火管理者の選任
  • 消火、通報、避難訓練をしているか
  • 避難階段に障害物が置かれてないか
  • 防火戸の閉鎖に障害となる物が置かれていないか
  • カーテン等の防火対象物品に防炎性能の表示があるか
  • 消防法令の基準による消防用設備等が設置されているかなど。
防火対象物点検について
点検が義務となる防火対象物

点検が義務となる防火対象物

収容人数が30人以上300人未満の防火対象物で以下に該当するもの

  • 特定用途部分が地階又は3階以上に存ずるもの(避難階は除く)
  • 階段が2以上設けられていないもの(小規模雑居ビル等)

収容人数が300人以上の防火対象物(百貨店・映画館・病院・老人福祉施設等)

防災管理点検について

防災管理点検とは、火災だけではなく地震や風水害、テロなどの災害による被害の軽減を図るため、防災管理点検資格者が点検を行い、その結果を消防庁または消防署長に報告することを義務付けた制度です。

【点検項目】

  • 防災管理者の選任
  • 防災管理に係る消防計画の作成
  • 自衛消防組織の設置 など
防災管理点検について
点検済表示制度

点検済表示制度

防火基準点検済証

防火対象物点検の結果、点検基準に適合している建物に表示できます。

防災基準点検済証

防災管理点検の結果、点検基準に適合している建物に表示できます。

防火・防災基準点検済証

防災管理点検の対象となる建築物等で防火対象物点検の対象でもあるものは、両方の点検を行い、それぞれの点検基準に適合している場合に、この表示ができます。

防火対象物点検報告・防災管理点検報告の特例認定を目指しましょう!

ホテルや複合ビル等のエントランスやフロントで特例認定証を見かけられたことはありませんか? 3年間連続して法令違反のない防火対象物は、以後3年間定期点検報告が免除されるとともに、「防火優良認定証」「防災優良認定証」を建物に表示することができます。その施設を利用する方々にも安全と安心をもたらします。

防火対象物点検の流れ

火災だけではなく“地震”や“風水害”などの災害に対し、避難訓練や対策、自衛消防組織の設置・運営を行い、その内容について点検し報告する制度です。タケシン防災では防火対象物点検有資格者が点検し、改善方法のアドバイスをいたします。

1.お問い合わせ・事前調査

防火対象物点検をご検討のお客様はお気軽にお問い合わせください。まず設置されている防火対象物の事前調査を行い、見積を作成します。

2.防火対象物点検の準備

防火管理者選任届出書・消防計画作成届出書・共同防火管理協議事項・消防用設備等設置届出書・消防用設備等検査済証などの写しをご準備いただきます。必要書類のご準備もサポートいたします。

3.防火対象物点検実施

防火管理者に立会いいただき、防火対象物(物件)の各種点検を行います。

4.改善方法のアドバイス

基準を満たしていない・適合していない場合は、防火管理者に改善のアドバイスをいたします。

5.点検結果報告書作成

防火対象物点検資格者が点検票を作成します。

6.点検結果報告

消防庁又は消防署長に報告書を提出します。

お問い合わせ

CONTACT

ビル・マンション・民泊・シェアハウス・ご家庭等
消防・防災設備のことなら、何でもお気軽にお問合せください。
Copyright © タケシン防災 All Rights Reserved.
Translate »